情報システムの有効活用| グループスケジュールで簡単管理|スマートなこなし方
男の人

グループスケジュールで簡単管理|スマートなこなし方

情報システムの有効活用

IT

経営資源の活用

ERPは、経営資源の有効活用という視点から、業務全体を統合することで経営を効率化する概念並びにその概念を実現する手法を指します。このシステムでは発注購買管理、発注在庫管理、設備人員計画、物流計画から会計・人事まで企業全体をカバーしており、個別の管理システムでは難しい問題や課題に対し企業全体から統合的に最適化を図ることが可能とされています。例えば、企業の管理システムをERPを導入する前後と比較すると、製造、在庫管理、販売管理といった各部門の管理システムに対して個別のデータベースが必要になりますが、ERPシステムを導入することによって統合データベースを用いてデータベースを一括に統合管理することが可能になります。データの効率的な活用という点でERPは有効な手法といえます。

情報システムの現状

ERPシステムは効率的な統合管理により各業務の円滑な連携を実現可能としますが、一方で企業活動のすべてをit化するため、業務統合的に改善する視点が必要とされるため経営者の全体を見渡す広い視野が欠かせないにもかかわらず、現場視点のみによってERPの統合性を歪めてしまう場合も多く、日本国内の企業ではある一定の業務に限定したERPの導入にとどまるケースも見られます。またERPの適切な導入手順も課題となる場合があります。システムの初期設定、セキュリティポリシーの整備、ユーザ教育等といった各種のシステム整備作業に対応する工数も多くなりがちです。ERPを導入する前に手順そのものへの対策や準備が重要となります。