システム

グループスケジュールで簡単管理|スマートなこなし方

グループ企業の決算

男女

連結会計はグループ会社間での取引を排除し、企業グループの業績を正確に把握するために必要です。上場企業では主として投資家保護の目的で義務付けられていますが、非上場企業でも的確な意思決定のために役立ちます。

もっと読む

情報システムの有効活用

IT

近年の情報システムは、コンピュータやソフトウェア、ネットが高性能化し、日々の業務処理や経営戦略に強力な支援情報を提供することが可能になりました。効率的にデータを収集して御社の意思決定の有力な指針として、ERPを活用しましょう。

もっと読む

新しい情報共有システム

チャット

グループチャットとは、通信ネットワークを通じて1対1、あるいは複数のメンバーがリアルタイムでテキストメッセージなどをやり取りするシステムのことをいいます。企業等が採用すれば、セクション内での情報共有が迅速かつ手軽にできるようになります。

もっと読む

社内の情報共有を強化

社員

仕事の質を変える!ビジネスチャット特集

仕事をもっと楽しくしませんか。グループチャットを利用することで業務内容の把握がとてもスムーズになります。

情報共有を効率化する方法

多くの社員が働いている企業では、1人1人の社員が会社組織内で何らかのグループに所属し業務に携わっています。部門や課の下でも複数のプロジェクトチームに分かれているケースが多く、グループ内で各メンバーが協力し合いながら業務を進めているのです。そうした業務を円滑に進行させていくためには、メンバー間の情報共有に落ち度のないようにすることが必要です。グループ内で意思疎通が十分になされていれば、互いに共通の目的意識の下で無駄なく業務を遂行できます。以前は情報共有の手段として、システム手帳などにスケジュールをびっしりと書き込むようなスタイルが主流でした。IT技術が進歩した現在では、こうしたスケジュール管理や情報共有にもIT機器を利用したシステムが多く使われています。中でもグループウェアと呼ばれる情報共有システムが多くの企業に導入されており、社内コミュニケーションを活発にするツールとして活躍中です。グループウェアには電子メールや電子掲示板・グループスケジュールなど、多彩な機能が統合されています。会議室予約や電子決済までカバーする製品も多く、ファイル共有を含めた幅広い利用法が可能となっているのです。

スケジュール調整も円滑に

グループウェアの豊富な機能の中でも特に人気を集めているのが、グループスケジュールと呼ばれる機能です。グループスケジュール機能を使えば個人のスケジュール管理にとどまらず、グループ内のメンバー全員のスケジュールが容易に確認できます。グループ内での共同作業やミーティングの際には、互いのスケジュール調整で大幅なタイムロスが発生する例も少なくありません。グループスケジュール機能とメッセージ書き込み機能を併用すれば、スケジュール調整で手間取ることも少なくなるものです。1人1人のスケジュール情報を取得してグループスケジュールを自動作成する製品もあります。スマートフォンやタブレット端末を使って外出先から利用できる点でも、グループウェアの利便性が向上しています。セキュリティ面の強化によってクラウド型の製品も安心して利用できるようになり、3G回線を介したグループスケジュール調整も容易に実現します。オンプレミス型の製品と比べ、クラウド型のグループウェアは導入コストの安い点も人気理由の1つです。システム手帳が時代遅れと言われるほど高機能化したグループウェアは、IT時代の象徴とも言える情報共有ツールなのです。